SSブログ
前の10件 | -

若者よ!日本という殻に閉じこもるな!世界へ羽ばたけ!

若者よ!日本という殻に閉じこもるな!世界へ羽ばたけ!
ウオーキングシューズ2.jpg
金森 達 画

明治大学小林明准教授によると、日本の若者が海外を目指さない理由として、第一に経済的理由。第二に就職活動とのバッテイング。第三に語学力の不安。第四に教育関係者の留学に関する固定観念。だと指摘。詳しくは以下の論文を参照。ここ30年の日本の経済の停滞は大きい理由だと思う。海外留学の授業料や生活費の安い東南アジアや1年以内の短期的留学や文化研修は増えているようだ。対して、諸外国の例、2002年から2011年にかけての留学生の増減の、中国は約4倍。インドは2・5倍。アメリカや韓国は2倍弱。日本は79,455人から57,501人に減少している。(注;直近の2022年は前年までに比べ、大幅に増えている)日本の学費が高い、有償の奨学資金という国の貧弱な国策のほか、アルバイトをしなければ大学生活を維持できない。大学に行っているのに学ぶ時間がないという現在の大学生事情には憂うばかりだ。

参考:なぜ日本の若者は、海外を目指さないのか。明治大学国際日本学部准教授 小林明
https://www.nippon.com/ja/currents/d00390/#

若者の海外留学を取り巻く現状について 文科省 平成26年4月
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ryuugaku/dai2/sankou2.pdf

海外へ出ることで語学力を高める、磨くこともあるが対象諸国の人々との交流体験が大きいと思う。留学の他に発展途上国支援の教育やインフラ・医療などの国際協力ボランテイア活動もある。国民性や文化の違いは当然ある。海外で過ごした多くの人が良く言われるのは「外から日本の姿がよく見える」外国人からみた日本人は、「いかに日本や世界の歴史を知らないかを思い知らされる」という。日本に住み続けることで、日本の常識が世界の常識と思い込んでしまうのだと思う。

11年前、2013年6月17日~35日間、スペインの聖地サンテイアゴ巡礼の旅(フランスの道)を35日間で歩きとおした。この時の外国人のフレンドリーな対応には癒された。その後、リタイア後の5年間のアルバイトの蓄財を基に、今年12月10日からピースボートクルーズ地球一周(南半球&南極)へ参加することになった。約100日間のクルーズで地球環境と平和の国内外の若者たちとの交流に参加してみたい。
00-04.jpeg
広告コンクールの写真3.jpg
スペイン聖地サンテイアゴ巡礼の旅(約800㎞・35日間)の記録
 2012年6月17日~7月15日
https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

社交ダンス教室に通うことに! [東京・青梅周辺]

社交ダンス教室に通うことに!ピースボート地球一周クルーズ半年に迫る。
社交ダンス さしえ1.jpeg
イラストAC:提供

2020年4月22日にNGOピースボート地球一周(南半球)に申し込んだ。コロナさなかで、参加代金の大きなダンピングがきっかけだった。2013年に横浜港にピースボートの世界一周船見学会に参加したことが、始まりだった。青年の地球環境や平和問題の学習の機会としては始められただけに、世界一周クルーズではとびぬけて安価なクルーズだった。コロナの影響で、2021年、2022年は中止。2023年は実施の連絡があったが、燃料等の高騰で「燃油サーチャージ46万円」追徴の連絡。寄港地での観光費用は軒並み値上げを知り1年延期を決断。そして2024年12月10日出航で、途中でコースの一部変更により、上陸はないが南極が加わった。4年前にクルーズで3か月余を楽しく船内で過ごすために新たに二つの課題を決意した。〇水彩画を始める〇社交ダンスを身につける。水彩画は独学で、時に無料の動画で学びながら続けてきた。社交ダンスはコロナの影響で、しばらく行ける環境ではなかった。コロナも下火になり、クルーズもいよいよ半年に迫ってきたので、しりに火が付いた。友人の紹介で羽村市内の社交ダンスサークルに顔を出したが、参加者はもうすで中級レベルか各地で社交ダンスの講師をしている人たちらしい人も。
 
 じつは私は自営で旅行業をしていて、地元の団体客の添乗員をしていた。女性のグループでは宴会時に社交ダンスのお相手を勧められることがあった。40年ほど前のことだが、いよいよ困って立川のダンススクールに週一で通っていた。秋のシーズンに入り多忙で半年で辞めざるをえなかったが再度始める機会は訪れることはなかった。1996年の周防正行監督の映画、「Shal weダンス」草刈民代、役所広司主演の映画を見たが、それでも心は動かなかった。
 3か月余の長期のクルーズ船では無料のダンス教室もあり、毎日大きなダンスホールでパーテイーが開催されるとのこと。この機会を逃す手はない。アルゼンチンのウシュアイアから南極遊覧してチリのプンタアレナス間の7日間、チリのイースター島からタチヒのパペーテ間の8日間ずっと海の上で航行時間が長い時もあるので、できることなら、音楽に合わせダンスもお相手できるなら、メリハリがあって素晴らしいと思う。
DSC01216.JPG
1階が餃子の満州のビル
DSC01218.JPG
DSC01219.JPG
入り口
DSC01220.JPG
4階から見たJR河辺駅方面

 ということで、河辺駅北口の1階が「餃子の満州」のビルの4階フロアに「ダンスルームレッドカーペット」教室に通うことにした。教師はそれぞれ教師歴3~40年の栁沢弘子先生と加藤善之先生。個人レッスンで1回(各25分)3,000円、専科・基本専科50分・5,000円、応用専科60分・6,000円。応用専科・男性5,000円、女性6,000円。この教室の売りは〇やさしく〇すごくわかりやすい、とのこと。
DSC01235.JPG
DSC01221.JPG
DSC01223.JPG
DSC01224.JPG
DSC01226.JPG
壁にはパリの名所の水彩画
DSC01227.JPG
DSC01228.JPG
DSC01231.JPG
栁沢弘子先生と加藤善之先生

初回は、昔習ったステップを思い出しながら、先生の声掛けしてのリードで何とかなるかなという予感。家では動画のステップを見て、朝食時にはダンス音楽をかけて慣れるよう心掛けているところだ。ところで、加藤先生は、驚いたことに北海道北見市の同郷だった。高校は異なったが、若いころからダンスに興味があり、精進して今があるという。お二人の先生ともにお酒が飲める(相当?)そうなので、いずれは一緒に飲めるのを楽しみに励みたい。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(86)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

老いて知る初めての老い現象の数々。 [東京・青梅周辺]

老いて知る初めての老い現象の数々。
夏 風鈴と朝顔.jpg
画 金森 達

70歳を過ぎてから、よく忘れ物をする、体・足・手をものにぶつける、物をよく落とすことを実感している。若いころに怪我をした箇所が年老いてから痛んでくる。登山をしていた頃、蔓に足を引っかけて倒れ、手や足の親指に全体重がかかったことがあった。その時に手足の第一関節を痛めて、老年になってから痛み出して、思い鍋を長く持っていられない、硬い瓶のふたを開けられなくなった。瞼がだんだん下がってきて視界が狭くなり、これまでぶつかったことのない目線以上上の突起に頭をぶつけたり、足元のものやドアの角を足でひっかけたりした。運転中の視界が狭くなり、左右上下を意識しないととっさの判断が遅れるもとにもなると思う。全身の肉体・筋肉や機能が衰える。肉体と神経の通信が一瞬遅れてしまうのだと思う。
 
 幸い、私は24年前から毎年旧街道歩きを続けてきた。5年前から一日一万歩を歩くことを目標にしていて、その効果がいくらかでているのかなとの実感がある。1999年に日帰りの奥多摩の御前山登山の折、二時間登ったところで足が上がらず、脚力が衰えたことのショックで、登山を止めたことがある。その後1か月もしない頃、目が覚めると左肩に違和感があり、左手の指が痺れてきた。整形外科へ行くとレントゲン撮影の結果、「頚椎の損傷で、軟骨がつぶれている」と言われ、毎週首の牽引でリハビリをしていた。数年して二週間に一度、月に一度に首牽引の間隔があいた。日に一万歩を歩いている今では、3~4か月に一度に間隔が伸びた。脚力は強くなってきたので、何かにつまずいても「おっとっと」と前のめりにはなるが、転ぶことはない。特に足首のケアに気を使っている。かつて自彊術という体操を習っていたので、毎日入浴中に「足揉み」をしている。
生活習慣病.jpg
DSC00878.JPG
画 金森 達

 昨年、久しぶりにぎっくり腰になった。それまでは腰に痛みがあっても、いつも通り歩き続けると1週間くらいで痛みが引いたが、その時は二週間たっても痛みが治まらなかった。仕方なく整形外科へ行くと「歩くだけではだめだ。毎日2~3回膝を立てての腹筋と海老ぞりになる背筋運動をすれば二週間で治る」との診断。その通り寝る前と起きた時と真面目にいわれた通り実行。すると痛みが取れた。それ以来、歩くことと腹筋背筋の運動が欠かせなくなった。
もっと若いころは気にもしなかったことが、老いて自分が考えている以上の速さで、心身の老化が進むのだなと実感。寒い、暑いと感じたら、こまめに着ている服をもう一枚着る、脱ぐことを心掛ける。実に面倒な身体になっている。「老化現象だから仕方がない」と片付けられてはもともこうもない。死ぬ間際まで「自分の意思でやりたいと思うことはできる身体能力を持ち続けたい」と思う。其のカギは「好奇心と挑戦する意思力」だと思っている。記憶力は見る間に衰えていくし、それでもあきらめずに挑戦し続けることかと・・・。5年前、10年前の自分で書いたブログを読むと「こんなに難しいことを書いていたのか」と思うこともある。老いることはこんなにも難しい、面倒なのだとは思わなかった。寅さんではないが「老後はつらいよ」だ。
ウオーキングシューズ.jpg
画 金森 達

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(95)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

旧街道歩き閑話 2.江戸五街道の起点はなぜ日本橋なのか?

旧街道歩き閑話 2.江戸五街道の起点はなぜ日本橋なのか?(再録・加筆あり)2012年5月1日付
https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2012-05-01
IM000936.jpg
日本橋 画 金森 達

東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道の五街道の基点がなぜ日本橋か?旧街道歩きで、何度も日本橋を起点に歩いてきた。いつも思うことだが、これほど重要な基点がなぜ首都高速道によって上空を覆われ、日本橋の景観が無視されたのか?号令をかけた無粋な官僚や政治家は誰か?聞いてみたいものだ。今議論されている日本橋再生プロジェクトで日本橋は将来どうなる、成功するのか?

徳川家康は豊臣秀吉に関東への領地替えを命じられ、江戸の地を中心地に選んだ。関東平野の中心地で交通の要所であったこと。太田道灌の江戸城以来の城下町としての基礎があったこと。隅田川河口に位置し江戸湊の水運、河川交通に優れた地であることといわれる。(玉井哲雄著「都市の計画と建設」岩波講座 日本通史第11巻近世1)1590年に入府以来、全国の大名を動員して、江戸湊という流通拠点を江戸城下に組み込む埋め立て事業を敢行する。この結果、1603年に架橋された日本橋と日本橋界隈にめぐらされた水路の発展とあいまって日本橋川と呼ばれる2kmあまりの両河岸に広がった町並みが後に江戸発展の起点となった。日本橋名の由来について、「御府内備考」に「この橋、江戸の中央にして、諸国の行程もここより定められるゆえ、日本橋の名ありといふ」との記述がある。慶長9年(1604年)五街道の制ができた時、日本橋を起点としてすべての道路を発展させようとした幕府の理念が日本橋の名になったようだ。
IM000459.jpg
画 金森 達

当時、日本橋界隈には、金貨を鋳造する金座(その跡地が日本銀行)が設置され、商業、金融、文化の中心地として発展した。天保5年(1834年)版の歌川広重「東海道五十三次・朝之景」(宝永堂)には、七つ立ち(午前4時)の活況を呈する日常の様子が描かれている。最初の日本橋は万治元年(1658年)に火災で消失、翌年架設後に日本橋名物の擬宝珠(ぎぼし)が施された。その後幾度も火災により現在の橋になるまで19回かけ直された。万治元年に飾られた擬宝珠が日本橋の南橋詰西側そばにある元禄2年(1689年)創業の漆器店「黒江屋」のショーウィンドウに飾られている。

江戸時代の史跡が現存するのが擬宝珠ひとつとは、嘆かわしいかぎりだ。何度も架け直されたとしても木橋や界隈の町並みが残っていたら、日本有数の歴史的観光資源(当然、世界遺産登録になっているはず)として日本の経済効果が発揮されたはずだ。
平成12年(2000年)に旧東海道五十三次・赤坂宿を歩いたときの旅籠屋大橋屋の第19代目主人の話が忘れられない。大橋屋は慶安2年(1649年)創業で、宝永6年(1709年)再建後の建築物を一部そのまま使って営業している。東京オリンピック開業(1964年)に合わせて、首都高速道、名神高速道、新幹線(昭和39年・1963年開通)が急ピッチで造られた。それに合わせて東名高速道の工事が、この赤坂宿でも行われた。「昭和39年以前昔の宿場の景観が残っていた。周りの仲間たちがみな土地買収に応じてしまった。当時はこうした景観が将来貴重な資源になるとは想像できなかった」との発言は印象的だった。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(100)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

6月17日(月)、昭和記念公園の紫陽花を観に行きました! [東京・青梅周辺]

6月17日(月)、昭和記念公園の紫陽花を観に行きました!
DSC01180.JPG
こもれびの里の水車

6月17日は、午前中の気温は30度に届くかの予想で、私は半ズボン姿で出かけた。夏の30度を超えるような時期は、ほとんど半ズボンで過ごしていた。旧街道歩きの日帰りで20㎞を越すようなときには、早朝は肌寒いので長ズボンのいでたちで出かけ、半ズボンをリュックに入れて、途中で履き替えていた。とにかく午前中は暑かった。
観光施設は月曜日休館や休園が多い。だが、昭和記念公園は、園内のレストランは定休日になる施設が多いが開園している。昭和記念公園は、立川市と昭島市にまたがる総面積180haにおよぶ国営公園。月曜日は入園者が非常に少ないので、静かに樹々や草花を愛でたり、撮影をしたい人にとっては、最良の曜日となる。紫陽花は、四葩(よひら)とも、白・淡緑・紫・淡紅と花の色が変化するので「七変化」ともいう。園内にはアナベルやガクアジサイなど60品種、約9,000株生育している。特にふれあい広場の北側の斜面が見ごろ。
DSC01160.JPG
DSC01156.JPG
DSC01158.JPG
DSC01163.JPG
DSC01165.JPG
DSC01168.JPG
DSC01169.JPG
DSC01170.JPG
DSC01171.JPG
DSC01176.JPG
DSC01175.JPG
DSC01177.JPG
DSC01178.JPG
DSC01180.JPG

午後は曇り空になり、風も吹き始めたので、過ごしやすくなった。
渓流広場レストラン前に高さ10mほどのネムノキがあった。葉は羽状複葉。夜になるとピタっとあわされ睡眠するので、ねむの木の名がある。花は夕方開き、小枝の先に淡紅色の花が多数集まっている。夏の季語で「合歓の花」「ねぶの花」。
DSC01193.JPG
ねむの木
DSC01181.JPG
DSC01183.JPG
DSC01186.JPG

タブレットで撮影している方に声をかける。この枝で頭をなでると早起きになる。体を摩って眠りを覚ませば、農作業に精が出るなどの言い伝えがある。
DSC01188.JPG
DSC01189.JPG
DSC01192.JPG
DSC01187.JPG
DSC01190.JPG
DSC01193.JPG
DSC01194.JPG

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(93)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

6月9日、「府中市郷土の森あじさいまつり」約1万株のあじさい! [東京・青梅周辺]

6月9日、「府中市郷土の森あじさいまつり」約1万株のあじさい!
DSC01065.JPG
DSC01067.JPG

JR立川駅から南武線分倍河原駅で下車。ここからバスで約10分、「府中郷土の森正門前」で下車。
DSC01064.JPG

日曜日で天候が良かったので、大変混雑していた。郷土の森博物館を含む公園だが、博物館は改修工事のため休館。6月2日(日)に予定されていた武蔵国府太鼓の演奏会が悪天候予想のため6日11時からに変更されていて、大太鼓の音に誘われて見に行った。
DSC01066.JPG
DSC01067.JPG
DSC01070.JPG

その後、すぐ移築建築群のひとつ「美蔵」で地粉うどん(1045円)を食べた。もっちりつるつるのこし麺で、汁は豚肉、きのこが沢山。減塩中の私には、汁はしょっぱかった。丁度並んだ人たちが一斉に入店した後で、すでに4組が次の予約が入っていて約20分待たされた。「美蔵」は、甲州街道府中宿にあった旧田中家住宅で、この一角にレストラン・カフェとして利用されている。中は広い土間と意外と小上がりの間にテーブル席がある。宿場町の休憩処というところ。
DSC01073.JPG
DSC01078.JPG
DSC01079.JPG
DSC01074.JPG

園内にはセイヨウアジサイ、ガクアジサイ、アナベルなど広い園内に約1万株咲き誇っている。今年アナベル800株を追加移植したという。
DSC01077.JPG
DSC01083.JPG
DSC01085.JPG
DSC01086.JPG
DSC01088.JPG
DSC01084.JPG
DSC01087.JPG
DSC01093.JPG
DSC01094.JPG
DSC01095.JPG
DSC01097.JPG
DSC01099.JPG
DSC01100.JPG

移築された古民家などが散在。行在所となった旧島田家住宅、旧河内家住宅、旧町役場庁舎などの他、水あそびの池も。梅林の実が落ちて黄色に熟し甘い香りを放って、手に取って香りを楽しむ人も。帰りの時間帯には、猿回しのお兄さんの声が響いていた。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(106)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

上州の一軒宿 霧積温泉 湯元金湯館――いまだ健在! [温泉巡浴]

上州の一軒宿 霧積温泉 湯元金湯館――いまだ健在!

5月27日付東京新聞夕刊に「山奥にひっそり一軒宿 群馬県・霧積温泉」の記事が掲載された。「まだ健在なのだ」と感慨深い。私が1981年6月7日に投宿した国内巡浴188湯目の宿だった。43年前のことだ。押入れに積んであった「巡浴記録」を探したら、当時のパンフレット、宿の申し込みはがきが張り付けられていた。はがきは、料金受取人払で「横川局承認1号」「差出有効期間昭和56年6月1日から昭和57年5月31日まで」の印字がされていた。東京新聞掲載のパンフレットの写真とは多少異なる。宿の正面にかつて自家発電していた水車がある風景はよく覚えている。アクセスは、高崎駅から信越本線で横川駅、タクシーまたは車で約30分で金湯館駐車場へ。ここからは約30分歩く。事前の予約で駐車場からは送迎バスあり。
DSC01059.JPG
DSC01060.JPG
DSC01061.JPG
DSC01062.JPG
DSC01063.JPG

群馬県と長野県の県境に位置し、上信越高原国立公園の秘湯。創業は1884年(明治17年)、当時は東京からの避暑地として栄え、長生館、錦楓閣、渓香館など旅館と別荘を併せて42軒の建物があり、政財界、文学界の重鎮が霧積の地を馬やお籠、人力車で訪れていたという。信越線が開通してからは、軽井沢が霧積温泉に代わって避暑地として開発された。明治43年(1910年)、本山津波で大半の家屋が流失。唯一金湯館のみが被災を免れた。昭和2年発行の「温泉案内」の霧積温泉のページでも旅館は金湯館のみ記されていた。本館はほぼ当時のままで、主な客室は平成に増築された別館。勝海舟は明治20年(1887年)頃、皮膚病の治療におとずれた。勝海舟の碑も残る。伊藤博文ら30人ほどが来訪し、明治憲法の草案を練ったとされる部屋も残されている。小説家の森村誠一は、大学3年の時この「金湯館」に泊まった。軽井沢までハイキングに行く際、この旅館で出してくれたお握りを包んだ包装紙に目をとめた。「かあさん、僕のあの帽子、どうしたんでしょうね?ええ、夏碓井から霧積へ行く道で、渓谷へ落としたあの麦わら帽子ですよ」これは西条八十が霧積に来て書いた「帽子」と詩の一説だった。後に森村が後になって執筆したのが「人間の証明」だった。後に昭和52年(1977年)映画化された。

自然湧出の湯量は、1分間に約400リットルの加温・加水・塩素添加循環なしの源泉かけ流しの湯。泉質はカルシウム硫酸塩泉で、無色透明の約40度の温めの湯だ。
1980年当時、1泊2食付き(税別)4,500円から6,000円。3時間以内の休憩料800円より。長期滞在3食5泊以上5,000円より。自炊3,000円より。
現在の公式HP;https://kirizumikintokan.com/gaiyo-onsen.html

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(86)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

成田街道歩き 第4回 大和田から臼井まで 2024年5月21日 [旧街道を歩く]

成田街道歩き 第4回 大和田から臼井まで 2024年5月21日
DSC01034.JPG
江戸時代中期、無敵と言われた大関の雷電為右衛門の碑

2024年2月、「成田街道歩き」第1回目の亀有の新宿(にいじゅく)から歩きつないで第4回目になる。東京・青梅を7時半にJR青梅駅を出て、前回の到着地・京成線大和田駅に9時着。
DSC00983.JPG

今日もほぼ国道296号線沿いを歩く。前回歩いた国道のセブンイレブンの信号を右折。花見川の大和橋を渡る。川沿いは桜花見で有名とか。
DSC00986.JPG

左手に印旛沼の排水を管理する水資源機構大和田機場。「下市場」の先の白旗神社、
DSC00988.JPG
DSC00989.JPG

立派な長屋門を過ぎ、
DSC00992.JPG

右手の三角地に押し込められたような八坂神社。
DSC00993.JPG

成田まで24㎞。信号「井野」の手前の成田道道標と常夜燈。成田道道標は、右から七代目市川團十郎、中央は明治27年に信集講社の岩田長兵衛が、左手は江戸の豪商・児張庵夫妻が建てたもの。
DSC00996.JPG
DSC00997.JPG

10時05分、北へ150mほど入ると周りを住宅地で囲まれた湧水地で江戸時代、佐倉藩主加賀守忠朝が参勤交代の折に立ち寄ったという加賀清水公園。錦鯉や亀も棲む。奥に小さな厳島神社。
DSC00998.JPG
DSC01000.JPG
DSC01001.JPG
DSC01002.JPG
DSC01004.JPG
加賀清水公園に隣接して稲荷神社

1.5㎞も行くと北側に高層マンション群が見えるユーカリが丘駅。
DSC01006.JPG

京成本線沿いに聞くと約7,000年前の竪穴住居や炉穴が見つかった上座貝塚へ。一番原児童公園になっていて保育園児たちが遊んで、帰るところだった。
DSC01008.JPG
DSC01010.JPG
DSC01011.JPG

11時10分、西村屋まえの「成田山道標」
DSC01012.JPG

11時17分、吉野家で鉄板牛焼肉定食(743円)の昼食をとる。
DSC01015.JPG

ここから8分歩くと右側に相当広さの上座総合公園。歩道をあるいていてもひんやり風が来る。
DSC01016.JPG
DSC01017.JPG

すぐ右に「皇産霊神社」すぐ裏手に住宅のある奥行きが浅い。下り坂を行くと目の前に田圃が・・・。
DSC01018.JPG

代掻きが終わったようだ。左手に折れて宗徳寺、
DSC01024.JPG

さらにセブンイレブンを左手に行くと表示柱に雷電為衛門夫妻の墓と碑の案内がある。
DSC01028.JPG
DSC01031.JPG
DSC01030.JPG

ここから左手へ200mほど行った突き当りに山に囲まれた墓が。文政8年(1825)2月11日没、59歳。妻おはんは10年(1827)1月20日没、61歳。寛政10年(1798)7月8日幼娘没す。全国に4つある墓の内の一つ。戻って、すみれ保育園を目印に行くと妙宣寺の境内に身長2m近い等身像の雷電為衛門の碑。
DSC01034.JPG
DSC01036.JPG

臼井城址公園へ向かうが、入口に太田道灌の弟で、文明11年(1479)臼井城を落としたが、戦闘で討ち死にした太田図書の墓。
DSC01039.JPG
DSC01041.JPG

広い城址は一面緑で美しい。14世紀に築かれ、代々下総国の要衝として一帯を治めていた。当時は沼に囲まれた巨城だった。廃城は江戸時代初期。敷地内には城郭の名残がみられ、花見の名所として知られる。
DSC01045.JPG
DSC01049.JPG
DSC01051.JPG
DSC01053.JPG

印旛沼の眺望がみられるのは何処かなと思っていた矢先、杖を片手に何か案内風のお年寄りと聞いている女性が見えた。この方は何とこの城の所有していた方T氏で、今は市の管理になっている。20年前に植えた桜や6本の柿木のことなどを話された。すぐ土塁の下に自宅があるという。高台で印旛沼の眺望を満喫。女性は佐倉市の「ヘルプステーションここのわ」の福田亮子さんで移動支援中だった。乞われてT氏の自宅に案内されて奥様から熱中症予防にと麦茶をいただいた。庭は手入れされた草木で溢れていた。彼女は草月流の華道をされている方で、仲間と定期的に臼井駅構内に活けているという。今日は暑かったのでこれから駅へ生け花の手直しに行くので、車に乗せてあげるという。せっかくなので同乗させていただいた。
DSC01057.JPG
DSC01058.JPG

生け花の展示を鑑賞させていただいて雅な気持ちで第4回目の成田街道歩きの締めとなった。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(96)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

家康由来の「安部川もち」と安部川上流の梅ヶ島温泉梅薫楼のこと。 [温泉マニア]

家康由来の「安部川もち」と安部川上流の梅ヶ島温泉梅薫楼のこと。

5月18日の東京新聞の記事に静岡県の「安部川もち」の話題が紹介されていた。昔、安倍川の最上流では金の採掘が盛んにおこなわれていた。そしてあるとき検分に出向いた徳川家康が茶店を訪れ、のおもち搗き立ての餅にきなこをまぶしたものを献上したところ、余りのおいしさに餅の名前を尋ねられた。そこで男が「金山からこぼれた金の粉をすくいあげて、もちにまぶして作る「金粉餅(きんこもち)」と申します」と答えたところ、家康は彼の機転に感心して、改めてこのもちを「安倍川もち」と命名した。江戸時代に栄えていた「安部川もち」も戦時中は、物資不足で精算が途絶えた。戦後に復活させたのは、やまだいちの創業者故山田一郎氏が私の生年の1950年3月、静岡駅で1箱50円で販売され人気になり当時の昭和天皇も各地の視察の際、静岡駅で電車を止めて買い求めたという。1980年代旅行業界にいた私は添乗員として幾度もツアー客を率いて、登呂遺跡の「やまだいち登呂もちの家」で安倍川もちが二個入れたランチを1,500円前後で手配したことを思い出す。安部川を越して西へ行くと江戸風情のとろろ汁の丁子屋にも団体客の昼食で好んでいったことも。さっぱりしたとろろ汁で、私はもっと普段粘っこいのを食べ慣れているので、物足りない。
DSC00978.JPG
DSC00980.JPG
DSC00979.JPG
DSC00981.JPG
DSC00982.JPG

さて、安部川上流約45㎞、標高1,000mのところに知る人ぞ知る秘湯・梅ヶ島温泉がある。戦国時代、金山を巡って今川氏と武田氏が長く勢力争いがあり、武田支配後は「信玄公の隠し湯」として傷ついた兵士の湯治湯として栄えてきた。安部奥の秘境で、温泉街には旅館が8軒、温泉民宿が2軒ある。泉質は無色透明の単純硫黄泉で、硫黄臭が少しある。PH9.6のアルカリ性で肌に滑りがある。泉温は40度で冬季は加温していたと思う。1980年11月に初めて入浴した私の国内温泉巡浴130湯目の温泉だ。当時私は、世田谷、中野地区の老人会の団体旅行の添乗員で良く行っていた温泉地。静岡市からの県道29線を北上。道が狭く二時間ほどかかった。梅薫楼は温泉街の中で設備が良かったことと当主が「足相術」を宴会場でお客の健康状態を見てくれるという個性的な宿だったから。
梅薫楼主人の足相術.jpg

「足相術」とは、この地は秘境で医者がいなかったので、当主の父親が素足の足を触手で健康状態を診察していたのを子供のころから見ていて身に着けたという。これが又よく当たるという評判だった。胃腸など内臓の病気、整体上のゆがみからくる障害などをよく当てていた。緊急を要する診断には、町の医者にかかることを薦めていた。観光バスのドライバーが「試しに見てもらおう」と診察していただいたら「肝臓がひどく疲れている。至急病院に行った方がよい」と診断され、帰ってから病院に行ったら、即入院したという話を後で聞き私も驚いた。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(94)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

東京・檜原温泉センター 数馬の湯に入浴へ。 [温泉巡浴]

東京・檜原温泉センター 数馬の湯に入浴へ。
DSC00939.JPG

東京都シルバーパスだけを使って、檜原村の数馬の湯へ入浴にいった。「東京都シルバーパス」だけを使っていくことにした。JR青梅駅前から7時14分発の都バスで花小金井行に乗車、箱根ヶ崎三丁目で下車。歩いて5分のJR箱根ヶ崎駅へ。
DSC00974.JPG

駅前の立川バス福生行に乗り換える。JR福生駅から8時27分発の武蔵五日市駅へ。10時35分発の数馬方面行へ乗り換える。この便はたまたまグループ登山客で満席、立ったままで一時間近く。途中の人里(へんぼり)で5人、浅間尾根登山口で十数名が降りた。数馬温泉センター着は、10時06分。3回乗り継いで約3時間、まあ効率はいい方かな。実はこの温泉は、私の国内温泉巡りで1998年5月に初めて入浴した822湯目の温泉地。その20年後にも入浴したことがあり、今回で3回目になる。
今の湯舎は二十数年前からで、私の記憶はないが、その前は打ちっぱなしのコンクリの湯舎だったという。
DSC00937.JPG
DSC00934.JPG
DSC00935.JPG
DSC00936.JPG
DSC00938.JPG
DSC00939.JPG

東京都唯一の村で、天然のph9.0のアルカリ性単純泉、炭酸が含まれ、しばらくすると体に粟粒が付着してくる。源泉はここから300mほど西の地下から毎分138㍑湧出している。泉質は、試料1キログラム中、ナトリウム62.1、カリウム2.0、カルシウム2.3mg、メタケイ酸15.4、炭酸水素イオン152.5、炭酸イオン9.2mg。肌がすべすべになり、神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性の効果が期待できる。平日はいつも空いていて、今日も同時間帯の男性客は4人だった。入浴料は大人980円。浴室には圧注浴風呂&ジャグジー風呂。サウナに水風呂、露天に陶器風呂、打たせ湯がある。湯は温く長く入りたくなるような。湯船によって温度を変えている。外湯の打たせ湯も温かった。
DSC00940.JPG
DSC00947.JPG
DSC00975.JPG
DSC00976.JPG
DSC00977.JPG
パンフレットから

午前11時から、食堂が営業開始。メニューに地元食材にリスペクトしている意思を感じられたので、もつ煮定食(1000円)をいただいた。鉄鍋にボリュウムあるもつ煮、しっかりした硬めの豆腐、豆腐味噌汁。胡瓜の漬物。ご飯は自宅でいつも美味しいご飯を食べているのでいまいちに感じる。
DSC00949.JPG
DSC00950.JPG
DSC00952.JPG

数馬の湯からさらに西へ行くと兜造りの豪壮な蛇の湯温泉たから荘があり、1982年1月に233カ所目の温泉として入浴済だ。帰りのバス時間は、11時52分で、少し手前のバス停「下平」まで歩いて見た。途中、龍神の滝の看板。
DSC00954.JPG
DSC00955.JPG
DSC00958.JPG
DSC00960.JPG
DSC00962.JPG
DSC00963.JPG
DSC00964.JPG

階段を降りるとすぐに見え、木橋を渡って目の前に見ると迫力満点。谷へ下りる道の真ん中から、筍が生えている場面もあり、いかにも子の地らしいと感激。「下平」バス停に「紫陽花のシャッターポイント」と看板があり、紫陽花の花はまだだが、この辺りは名所なのかもしれない。
DSC00965.JPG
DSC00968.JPG
DSC00969.JPG
DSC00972.JPG

定時にバスが来て、帰路は最後尾の座席にどっかと腰掛けて、両サイドの新緑の谷、深山をのんびり鑑賞することができた。なにせ、行きのバス内は、グループの男性リーダーの大声でのおしゃべりでうんざりしていて、窓外の鑑賞にひたるどころではなかったのだ。とまあ、帰りもシルバーパスだけを利用して片道3時間、往復6時間バス乗車の温泉入浴の旅となった。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(100)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -