So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

11月8日、「無電柱化の日 俳句コンテスト」授賞式に出る! [東京・青梅周辺]

11月8日、「無電柱化の日 俳句コンテスト」授賞式に出る!
DSC00339.JPG
授賞式会場

東京都では無電柱化の取り組み推進のためのイベントの一つ「無電柱化 俳句コンテスト」が(応募期間:7月1日~9月30日)行われていた。「無電柱化」は、都市防災機能の強化・安全で快適な歩行空間の確保・良好な都市景観の創出を目的に、電線を地中に埋め、電柱を撤去することを進めている。
青梅の都道でも実施中で、たまたま「無電柱化 俳句コンテスト」のチラシを見て応募していた。私は北海道北見市の開拓地だった冨里村で育った1950年代、電柱は電気を送る「文明化」の象徴だった。それから60年、電柱の地下埋設化があらたな文明化の象徴になるとは・・。とても印象的で投稿することになった。
10月下旬のシルクロードの旅の途中、家からのメールで、東京都からの連絡で「入賞したとの連絡があった」と伝え聞き、一般の部の5人の中にか、30人の佳作の中にかどっちかな?と思っていた。帰国して、再度の連絡で5人の入賞枠で、その中から都知事賞が当日発表されるという。
DSC00300.JPG
DSC00302.JPG

11月8日、都庁都民ホールで関係者200名ほどの参加で授賞式。受賞者は一般の部と小・中学生の部それぞれ5人が並んでいて、結果的には右端に並ぶ受賞者が都知事賞だった。そうだよね、すでに受賞者のプリントができているのだから、事前に決まっていて当然だ。
DSC00327.JPG
DSC00330.JPG
DSC00332.JPG

選者の浦川聡子さんの講評の後、小池百合子都知事が現われ、順次授賞された。集合写真撮影の後、都知事から全員に握手を求められた。身長のわりに手は小さく柔らかかったのが印象的。私の句作は「無電線迫る直球雲の峰」都知事賞作は、藤井孝弘さんの「コスモスや電柱跡の小花壇」だった。講評によると、ほとんどの俳句は、空を背景に句が多い中、藤井句は電柱跡を詠った句だからという。
東京都の記事:https://www.mudentyuuka.com/

賞状の他に「無電柱化イベント名」入りのボールペンと図書券三千円をいただいた。東京都青梅市から都庁のある新宿までの交通費は、自宅からバスを使うと往復で、1,000円×2=2,000円。図書券の額は残り千円になる。交通費くらいは支給してほしかった。
一般の部の応募は、約5,000句、小・中学生の部は約4,000句だったそうだ。5,000句の中から、目に止めていただくのは大変なこと。この一年でも貴重な体験をさせていただいた。
DSC00349.JPG

実は、東京新聞の小澤實選「東京俳壇」9月の「月間賞」に選ばれている。年間賞に選ばれれば、賞品として50,000円の図書券らしいので、一縷の望みをいだいているところ。

☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(69)  コメント(2) 

シルクロード・蘭州郊外の黄河炳霊寺石窟と白塔山公園 10月24日 [海外のはなし]

シルクロード・蘭州郊外の黄河炳霊寺石窟と白塔山公園 10月24日
DSC00191.JPG
黄河炳霊寺石窟の大仏像
DSC00237.JPG
白塔山公園の白塔

錦江陽光酒店の連泊だが、朝食バイキングはこれまでで一番良かった。蘭州は麺で有名だが、レストランでも「馬子禄牛肉麺」の実演で提供していた。最初は細麺で、次に平麺で。隣でワンタンが見えたので、それも入れて欲しいというと「ワンタンスープは、別メニュだから、後であなたの席へ届けます」と三杯目をいただくことに。スープの汁の味が良い。果物で黄色い丸いものが気になり、名を聞くと「ニンジンカ」といい、そのまま食べるという。その時は固そうなので、スルーした。
DSC00096_1.JPG
DSC00103.JPG
DSC00102.JPG
DSC00110_1.JPG

出発は8時。蘭州市街地から郊外約100㎞の炳霊寺石窟へ。山々の峰は冠雪で、寒々しい。黄河の乗り場までバスで3時間かかった。途中柳並木やポプラ並木が目立った。
DSC00112.JPG

中国有数の発電所劉家峡ダムの上流約50㎞の石窟へ行くのには、12人乗りのモーターボートで約30分乗ることに。ボートの最高速度は60㎞で土色に濁った飛沫をあげて急カーブを切ると迫力がある。左右に続く絶壁の奇岩には目を見張る。
DSC00125.JPG
DSC00127.JPG
DSC00132.JPG
DSC00138.JPG

黄河北岸に切り立った崖に、長さ約2㎞、上下四層に彫られた石窟は合計183か所、西秦(385~431年)から清(1636~1912年)にかけて刻まれた仏像や彫刻が残されている。
DSC00143.JPG
DSC00148.JPG
DSC00149.JPG
DSC00153.JPG
DSC00157.JPG
第3窟
DSC00161.JPG
DSC00162.JPG
DSC00164.JPG
DSC00165.JPG
DSC00166.JPG
DSC00167.JPG
第10窟
DSC00172.JPG
第12窟
DSC00175.JPG
DSC00177.JPG
DSC00178.JPG
DSC00181.JPG
DSC00188.JPG

最奥には高さ27mの大仏像の上部に彫られた第169窟は「西秦建弘元年」(420年)には、中国石窟最古の題記が残されているが、非公開で見られなかった。
DSC00192.JPG
DSC00201.JPG
DSC00197.JPG
大仏像の上部

 1時半過ぎにランチで黄河の対岸にある船のレストランへ。従業員が網で釣り上げた鯉が跳ねている。ランチにも煮た鯉が出た。
DSC00210.JPG

午後は蘭州市街地へ戻り、白塔山公園へ向かう。登り口から外れたところから、ロープウエイが営業しているが、公園上に立つ高さ17mの白塔まで階段を歩いて上る。
DSC00226.JPG
DSC00229.JPG
DSC00231.JPG
DSC00236.JPG
DSC00241.JPG
DSC00242_1.JPG

 白塔はチンギス・ハーンの元へ遣わされた高僧がここで病死し、その供養のために建てられた。繁忙期にはライトアップがあるらしいが、今の時期は客も少なく、頂上の売店の売り子さんも暇で寝ている。6時を過ぎると薄暗くなり、眼下の鉄橋に青いネオンが付きとても美しい。
DSC00245.JPG
DSC00247.JPG
DSC00249.JPG

夕食は蘭州市のレストランで。朝食時に出合った「ニンギンカ」=人参果が話題になり、添乗員が店で購入して夕食時に出してくれた。1㎏10元だったという。ツアー最後の晩餐で、中華料理もここが一番おいしかった。
DSC00258.JPG
人参果

☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(60)  コメント(0) 

俳句つくりの新境地か?東京都主催「無電柱化の日 俳句コンテスト」に入賞!! [東京・青梅周辺]

俳句つくりの新境地か?東京都主催「無電柱化の日 俳句コンテスト」に入賞!!
DSC00300.JPG

サンデー俳句王で、八月末から四週続けて入選している。昨年から毎週の「サンデー俳句王」に応募して、月に一回のペースで入賞掲載されてきたが、4週連続は初めてだ。

実は東京俳壇の小澤實選で9月に選ばれた「滝落ちて飛沫も風も轟音も」が9月月間賞に選ばれた。賞品として五千円の図書券をいただいた。欲をかいて「月間賞があるのなら、年間賞もあるはず」と賞品を調べたら、何と五万円だった。小澤實氏の判断で、12人の月間賞の中から選ばれるので、私も選ばれる可能性があるのだ。
 東京新聞の読者でもある友人から、「ホームランを打ちましたね!」と励ましやら、「普段は大したことないのに、たまにはホームランのまぐれもあるのね!」との真意か。

 それでも句会に参加して丸四年、今は三つの句会に参加して、句作に忙しい日を送っているが、幾段か上達してきたのかなという感想である。 10月18~25日のシルクロードツアーの24日に家からのメールで、東京都が主催した「無電柱の日~心に描く電柱のない風景 俳句コンテスト」に入賞したとの連絡があった。7月1日~9月30日の応募期間だったが、もう忘れていた。11月8日に都庁都民ホールで入賞者表彰があり、都知事から授与される。後で都担当者から、一般の部は五千句の応募があり、入賞者5人の内に選ばれた。佳作は30人という。

☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(62)  コメント(0) 

シルクロード・張掖の丹霞(たんか)地質公園へ。 10月23日 [海外のはなし]

シルクロード・張掖の丹霞(たんか)地質公園へ。 10月23日
DSC00059_1.JPG
DSC00074_1.JPG

前夜、張掖のホテルに着いたのが22時近い。朝食は7時のバイキングを済ませて8時出発。天候は曇り空。黄葉が始まって、ポプラ並木がとても目立つ。小雪が舞ってきて、川沿いにポプラ並木が植栽され、緑にない暗い印象を和らげてくれる。
DSC09912_1.JPG
DSC09928.JPG
DSC09930_1.JPG

 9時に丹霞地質公園に到着。最初は中国のモニュメントバレーと呼ばれる氷溝丹霞見学。小雪が舞い、風が強い。右手の赤茶けた岩肌に帯状の緑などの色が濃く見える。ポンチョ姿で展望台まで一気に登ってみる。風が強く、頬が冷たい。遊歩道を一通りめぐって、入口へ戻る。
DSC09934.JPG
DSC09938.JPG
DSC09952.JPG
DSC09953_1.JPG
DSC09961_1.JPG
DSC09971.JPG
DSC09983_1.JPG
DSC09995.JPG
DSC09998.JPG
DSC00001.JPG


 願い事を書いて、札を吊り下げる場所は、とてもすごい風景に。祈福牌(チフタイ)というそうだ。日本の のようだ。焼き芋の匂いに誘われて、一個15元の小ぶりなのを購入し、Aさんにおすそ分け。寒いだけに甘く美味しいが、水分が多くびちゃっとした感触。
DSC09992.JPG
DSC00005_1.JPG
DSC00026_1.JPG
DSC00074_1.JPG

 11時45分、郷土料理の昼食後に七彩丹霞見学へ。東洋のグランドキャニオンと呼ばれる二号、一号、四号展望台を見学。雪のために早く見学を終えた。
DSC00013_1.JPG
DSC00014_1.JPG
DSC00019.JPG
DSC00021_1.JPG
DSC00029.JPG
DSC00030.JPG
DSC00033.JPG
DSC00035.JPG
DSC00036_1.JPG
DSC00039_1.JPG
DSC00041.JPG
DSC00042_1.JPG
DSC00046_1.JPG
DSC00047_1.JPG
DSC00048.JPG
DSC00049_1.JPG
DSC00055.JPG
DSC00056_1.JPG
DSC00059_1.JPG
DSC00061.JPG
DSC00065.JPG
DSC00069.JPG
DSC00073.JPG

 当初弁当の予定だったが、張掖市街に戻り、余事の夕食になった。いつものメニューがほとんどだが、茄子の料理が美味。
DSC00078_1.JPG
DSC00081.JPG

 ここからから80㎞行ったところにあるバスで一時間半かかる「平山洞」へツアーに出かけたグループは、大雪のため立ち往生して見学できずに戻り、今昼食に着いたところで、我々が夕食に時間に昼食をとっているという。
DSC00084.JPG
DSC00083.JPG

 夕食後は、新幹線で張掖西駅(18時33分)から蘭州西駅(22時55分)へ。待ち時間に駅構内の「便利店」で棗に実の大きい胡桃が入った菓子を購入した。荷物検査がどこも厳しく、特にパソコンや充電器を出させて、調べられた。新幹線に大きなトランクを置く場所を確保するために、新幹線の乗り口にトランクを並べて、一気に車内に運びに置き場を運ぶという添乗員とガイドが周到な動きをしてくれた。蘭州のホテルに着いたのは、10月24日の午前一時半。それから荷解きや入浴して、午前三時ころになったのではないか。それでも24日は、7時からの朝食バイキング、出発は8時だった。

☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(57)  コメント(0) 

シルクロード・嘉峪関、酒泉、張掖へ。 10月22日 [海外のはなし]

シルクロード・嘉峪関、酒泉、張掖へ。 10月22日
DSC09872.JPG
DSC09877.JPG

 シルクロードの5日目。敦煌はポプラ並木が多い。寒さに強いからか。北海道出身の私にとっては懐かしい。札幌の北大のポプラ並木は有名だ。黄葉が始まり、並木は美しい。
今日の予定は、9時56分発の敦煌から12時26分着の嘉峪関へ、新幹線に乗る。
DSC09806.JPG
敦煌中心地
DSC09808.JPG
敦煌駅
DSC09810.JPG
車窓から

昨日、日曜日で大変こんな雑していて、乗り降りに大変な苦労をしただけに、皆不安顔だったが、空いていてとてもスムーズに。右側の車窓には、長さ1000㎞の冠雪キレン連山脈が見える。新幹線は時速150~190㎞の表示を示しているが、本当にそんな高速が出ているのか?と思うほど低速に思える。嘉峪関に着いてすぐレストランへ。ポプラ並木や胡楊(こよう)の黄葉が美しい。13時に毛家飯店へ。毛沢東の出身の料理をふるまうことで入り口に毛沢東の胸像がある。毛沢東出身地の郷土料理を出すことからとったとか。棗入りのスープは、甘くお汁粉の汁のよう。棗が一個残されていて、お互い譲り合う。
DSC09811.JPG
DSC09817.JPG
DSC09816.JPG

 嘉峪関は、万里の長城の最西端の関所で、明代(1372年着工)のもの。高さ11mの城壁に囲まれ、内城には東に光化門、西に柔遠門があり、それぞれの上に高さ17mの3層の楼閣がある砦だ。内城を一巡りしてみた。
DSC09820.JPG
DSC09823.JPG
DSC09828.JPG
DSC09829.JPG
DSC09832.JPG
DSC09834.JPG
DSC09838.JPG
DSC09840.JPG
DSC09848.JPG
DSC09849.JPG
DSC09852.JPG
DSC09854.JPG
DSC09862.JPG
DSC09867.JPG
DSC09868.JPG
DSC09872.JPG

 砦の出口まで行くと駱駝が座って待っている。ここから最初に来た場所へ送る客を待っている。今日は客が少なく、大欠伸をしている駱駝もいた。
DSC09878.JPG
DSC09877.JPG

バスで酒泉駅から張掖駅まで一時間半ほど、新幹線に乗る。
DSC09886.JPG
DSC09889.JPG

バスは駅から40分ほどで中心地にある酒泉のシンボル「鐘鼓楼」を見てから駅へ。鐘鼓楼はロータリーの真ん中にあり、横断歩道がなく行くことができずに見るだけになる。
DSC09884.JPG


18時13分発の酒泉駅から19時35分着の張掖駅まで列車移動。この先は気温が下がり、車窓のキレン山脈側の景色は、霜か凍っているように見える。
DSC09895.JPG
DSC09898.JPG

 酒泉駅で待つガイドのこうかさんとバスで夕食場所へ。郷土料理だが半分はこれまでと似たようなメニュー。キノコ料理と短い麺の料理がおいしかった。


☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(28)  コメント(0) 

シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。

シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。
DSC09713.JPG
DSC09767.JPG

10月21日、敦煌市街から南東へ約25キロの莫高窟へ。366年(前秦の建元2)に楽僔という僧によって造営されたという。いろいろな民族に支配されたが、石窟の事業は続けられた。
DSC09677.JPG
DSC09683.JPG
DSC09687.JPG
DSC09689.JPG
DSC09694.JPG
DSC09696.JPG
DSC09700.JPG

莫高窟の石窟の数は、735窟。敦煌が破壊を受けず、乾燥地帯のため,極めて保存状態がよく残っているといわれる。今日はそのうち、第328、329、16,17、23、322、314、292、96、237窟を見ることができた。ツアー参加者で、「井上靖の『敦煌』の中でお経を石窟に隠すために運び込む場面を思い起こす」との声が・・・。当初9時から、事前学習で見ることになっていた映像が、映写機の故障のため、最初から現物を見た後で映像を見ることになった。莫高窟ガイドの祝さんが担当。最初の328窟は、1300年前の唐時代の作で色彩も美しく残っていて特に印象的。菩薩のお腹が出ているのが人間的で親しみが持てる。第16窟の手前の17窟は、1900年に大量の経典や文書5万点が密封された場所「蔵経洞」。敵の侵攻から守るため なのか未定。観光客の中に天女のような姿をした女性がちらほら。美しいので記念に写真を撮らせてもらった。
DSC09705.JPG
DSC09709.JPG
DSC09713.JPG
DSC09723.JPG
DSC09720.JPG
DSC09726.JPG
DSC09734.JPG

ガイドさんの「敦煌はシルクロードの喉元」「文化交流を壁画に映している」との言葉が印象的。最後に見た事前学習用の映像第一部は、部族の争いからシルクロードを紐解いた、黒沢映画のようなド迫力映像。場所を変えて第二部は、各石窟の紹介をした映像だった。
DSC09740.JPG
DSC09748.JPG
DSC09738.JPG

市街地で中華料理の昼食をとって、鳴沙山(めいさざん)と月牙泉(げっかせん)へ。
DSC09753.JPG
DSC09754.JPG
DSC09756.JPG
DSC09758.JPG

鳴沙山は駱駝に乗って砂丘の中腹まで、往復3㎞を。砂除けに靴ごと履くオレンジのカバーを30元で皆借りた。五頭を一グループで一人の手綱引きついて、途中で一人20元の有料で写真撮影。「いろんなパフォーマンスをとって!」と撮影者が大げさな身振りでやっているのが可笑しい。行きは紫外線の強い日を浴びて、下りは日陰を歩いた。
DSC09762.JPG
DSC09767.JPG
DSC09770.JPG
DSC09773.JPG

駱駝は近隣の農家が所有で観光のために貸出しているのだとか。駱駝はほとんど力のある雄で、1500頭いるがそれでも繁忙期には足りなくて、長い待ち時間があるという。ここでの駱駝の働き盛りは、8歳から26歳ほどで寿命は30歳。
その後、鳴沙山の中腹まで約500段の梯子階段を上っていき、月牙泉を写真撮影し、下りは砂山を滑ってきた。中腹から、そり?にお尻を乗せて滑り降りるゲレンデがある。有料で60歳以下が条件で、高血圧などの持病持ちは許可しないとか。月牙泉の「月牙」は、中国語で三日月の意。文化革命時に、泉を灌漑用水に利用したりして泉の湧口がふさがれたのか、昔に比べ浅く水位が下がった。
DSC09774.JPG
DSC09780.JPG
DSC09781.JPG
DSC09782.JPG
DSC09785.JPG
DSC09787.JPG
DSC09792.JPG
DSC09795.JPG
DSC09801.JPG

☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(41)  コメント(1) 

ついに東京から5000キロ、シルクロード・トルファンに着く! [海外のはなし]

ついに東京から5000キロ、シルクロード・トルファンに着く!
DSC09416.JPG
「楼蘭の美女」の予想顔
DSC09445.JPG
高速道路の休憩所で果物の販売車でメロンを

10月18日、成田空港から上海へ、さらに国内線で上海から蘭州経由でトルファンへ。約9時間の飛行機の時間で、乗り継ぎ時間は6時間ほどだった。今の時代一日でシルクロードの奥深くまで飛行機で行ってしまう。ジェット時代は当たり前となってきたが、改めて考えると大変なことだ。
DSC09364.JPG

ウルムチ空港は思ったよりとても大きな空港で、しかも近代的。マッサージチェアも置いてあり、称していた。小型バスに乗り込み、ガイドは白さん、運転手は顔さん。添乗員は山田さん。

 一泊目のホテルは、東方王朝酒店。ガイドの白さんの話で、「湿度が少なく日本の五分の一だから乾燥します。お水を頑張って飲んでください」と言われたが、午前三時に寝て五時に目覚め、のどがカラカラ。慌ててお水を補給。しめらせたタオルを顔に当てて寝た。洗濯した長袖のシャツは午前八時半にはほとんど乾いていた。朝食は7階フロアのバイキングレストラン。中華料理で種類は豊富で、名物の麺汁は三種類を用意していて、内二種類を試したが、まあまあだ。

 出発は9時45分。気温は7度。まず新疆ウイグル自治区博物館へ10時からの開館に並ぶ。
DSC09385.JPG
DSC09387.JPG
DSC09388.JPG

二階フロアの古代ミイラの展示室の約3800年前のものという「桜蘭美女」が目当て。1980年にタクラマカン砂漠の桜蘭鉄板河遺跡で発掘されたもの。他にも自然にできたミイラが展示されていたが、皆の注目度は格別。私も明らかに美女とわかるのかなと思っていたが、肌は発掘当時より空気に触れて酸化したせいか黒ずんでいた。骨格から予想される顔立ちが写真で紹介展示されていたが、さすがに「桜蘭美女」と言われるだけの顔立ちだ。
DSC09390.JPG
DSC09391.JPG
DSC09405.JPG
DSC09404.JPG
DSC09410.JPG
DSC09411.JPG
DSC09413.JPG
DSC09414.JPG
DSC09416.JPG

自然な形でミイラが残る理由として、白ガイドは①異常な乾燥地帯であること。②時期が冬季に亡くなったこと。③土壌がアルカリ度であること。④地下一メートルのところに埋葬されていたこと。深いと地下水に浸透し、地上だと空気にさらされる。

 ウルムチからバス移動でトルファンへ。ウイグル新疆の疆についての説明が白ガイドからあった。一田一田一の一は、山脈を意味し、北からアルタイ山脈、天山山脈、崑崙山脈を意味し、その間の田は、綿花の豊饒な畑、ジュンダルタクラマカンを指すという。
DSC09428.JPG
DSC09430.JPG
DSC09431.JPG
DSC09433.JPG
DSC09437.JPG
DSC09438.JPG
DSC09441.JPG
DSC09442.JPG
DSC09445.JPG
1キロ3元×3キロ=9元 昼食に出してもらった
DSC09457.JPG
昼食
 天山はこのところの寒さで冠雪している。最高峰ボフラホは標高5445m。トルファン盆地の燃え盛るような火焔山と対照的な印象だ。新たに完成したトンネルを抜けると火焔山。休憩地でパスポートの提示を求められ、トイレ休憩。そこでメロン販売車で購入したメロンを食べる集団に遭遇。一キロ3元、一個3キロで9元でガイドさんが購入し、昼食場所で出してくれることになった。ところどころに大規模な風力発電の風車が点在する。昼食は大幅に遅れ14時30分。

 今日の観光地の目玉の吐魯番(トルファン)の西遊記の舞台の火焔山、ベゼクリナ千仏洞、漢代の砦・高昌故城で盛り沢山。宿に着いたのは夜8時半。夕食を終え、翌日の準備をして休んだのは午前3時だった。火焔山、ベゼクリナ千仏洞、漢代の砦・高昌故城は次回に紹介する。
 
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(22)  コメント(0) 

シルクロードの旅の準備に! [海外のはなし]

シルクロードの旅の準備に!
DSC04458 - コピー.JPG

 10月18日から8日間、クラブツーリズムのツアーでシルクロードへ出かける。団体ツアーはしばらくぶりの海外旅行で、お任せで気楽だ。去年はインドネシアのジャワ島へ一か月温泉巡りの個人旅行。今年の二月に友人に誘われてミャンマーへ二週間。これは友人が経営していた会社に従業員として働いていたインドネシア人青年が母国で起業して成功し、年商60億の大企業に成長した社長のご招待で一週間お供した豪勢な一週間の旅行と温泉巡りの私の貧乏旅行の一週間と対照的な旅行だった。ということで、今回は旅行代金をはずんで楽な団体ツアー「シルクロード浪漫 7つのオアシスの物語 8日間」選んだ。

 10月18日は成田から上海経由でウルムチへ。
 10月19日はウルムチからトルファンへ。
 10月20日はトルファンから敦煌へ2泊。
 10月22日は敦煌から張掖(ちょうえき)へ。
 10月23日は張掖(ちょうえき)から蘭州へ。
 10月25日は蘭州から上海経由して羽田へ。

DSC04453.JPG
DSC04454.JPG
DSC04455.JPG

シルクロードツアーの準備へ、
①まず資料収集。ほとんど図書館から借りて読んだが、当日に持参するもので「地球の歩き方 西安・敦煌・ウルムチ」と知の再発見 双書「シルクロードー砂漠を越えた冒険者たち」は購入した。知の発見 双書「シルクロード」はネットの古書検索で、104円+送料299円だった。他に新日本新書「三蔵法師が行くシルクリード」菅谷文則著と朝日新聞社1999年刊の「西遊記のシルクロード 三蔵法師の道」は役立った。

②今回の旅のためにノートパソコンを購入した。これまでタブレットを持ち歩いていたが、現地でブログを発信するのに写真の取り込みに時間がかかって、何とかできないかと思っていた。ついにNEC NM550/Mで、900グラムという軽量が決めてだった。デスクトップとノートパソコンの使い勝手が異なるので、それに慣れるのにテストでブログを作成してみたりした。
DSC09357.JPG

③気象の現地情報を確認して、持ち物の準備。10月の敦煌は、最高気温19.0度、最低気温0度。ウルムチは、最高気温14.2度、最低気温-0.3度。寒いので長袖が中心で防寒具が必要。降雨量は少ないので、ポンチョがあればいいかな。砂漠を歩くかもしれないので、ハイキングシューズも持参することにした。ホテルにはウオシュレットトイレはないので、携帯用ウオシュレットも必須だ。

③今回は個人旅行ではなく、同行の人がいるので、お酒好き仲間がいるのをあてにして、日本酒で東京の名酒「澤乃井」とつまみを持参しようと思う。昔、パキスタンに行ったとき、禁酒の国なので、参加者は皆内緒で空きペットボトルにお酒やウイスキー、焼酎をいれて持参していた。レストランで様子を見ながらウーロン茶を飲んでいるかのように飲酒していたのを思いだす。

 
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(38)  コメント(0) 

木彫教室は、はや一か月。出来栄えは? [東京・青梅周辺]

木彫教室は、はや一か月。出来栄えは?
DSC04399.JPG
第一作目の完成品「鍋敷き」

七十の手習いで、9月から週一で三鷹の木彫教室に通っている。
第1作目は鍋敷きで、先生の作品をお手本にして彫り上げた。色塗りは、自分で材料を買わなくてならない。青梅街道沿い、瑞穂町のホンダジョイフルか青梅市のカインズホームにその商品はあった。「水性工芸うるし」の「鎌倉赤」を購入するのに、まず近いカインズホームへ行き商品を確かめて、ホンダジョイフルに電話をして値段を聞くと、200ミリリットル容器で一個200円安い。ここから5キロ遠いので、どうかな?と思ったが、この先いろいろな色が欲しくなるだろうからと、ホンダジョイフルへ行く。結局、200ミリリットルの鎌倉赤と45ミリリットルの緑、黄色と乳白色も購入した。
DSC04400.JPG
鎌倉赤
DSC04401.JPG
緑、黄、乳白色
DSC04402.JPG
百均で購入した筆

 さて、第一作目の鍋敷きは、裏表とも鎌倉赤一色になる。「鎌倉赤」の使い方を読むと、最低三回塗りが必要だとある。一回塗った後に4時間以上開けて乾燥させる。そのあとに紙やすりで磨く。この工程を三回繰り返して完成させた。空気が入った小さな粟粒を見逃したり、百均で購入した刷毛の毛が抜け落ちて、塗った後に残ってしまったり、何かと不注意が起こる。完成品は我ながら、なかなかの出来栄えだと思う。

 第二作品は、教室の4回目に先生から、丸い枠に収まった椿の花の朴の木の材料を渡された。これも「先生の作品を見本にしなさい」ということ。
DSC04393.JPG
DSC04394.JPG
先生の見本
DSC04395.JPG
DSC04396.JPG
自作の表裏
DSC04397.JPG
先生の見本と重ねてみた

 少し彫ってみると、葉の厚みや花の深さ加減がよくわからないので、見本のもととなる写真が欲しかったが、「あとは自分の感覚でやってみなさい」という話に。「写実的に良く観察して観る」ことが大事のようだ。俳句と同じだなと思った。

 
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(41)  コメント(1) 

孫のれおなの9歳の誕生日前後の多忙の日々  [東京・青梅周辺]

孫のれおなの9歳の誕生日前後の多忙の日々 

4月から、オーストラリアのゴールドコーストから来て、日本の小学校に転校して半年。9歳になるれおな(小学3年)の誕生日。何時もあわただしい日々を過ごしているが、特に誕生日は本人も楽しみにしていて、周りに注文が多い。誕生日当日の飾りやお祝いのスピーチの指図も。誕生会参加のチケットも自分で作ってしまった。

さて、9月21日に妻の兄が北海道の上川に住んでいて、毎年何回か秘境に分け入り、鮭釣りに2泊3日で出かける。83歳という高齢ながら、十匹前後を釣り上げて、その内の一匹を当家に宅急便で送ってくれた。すぐに妻が捌いて小分けにして、冷凍庫に保管する。翌晩には、鮭の三平汁を作って美味しくいただいた。
2019nenn.jpg
鮭 1.jpg
北海道の大叔父が釣った鮭が届いた!

鮭 3.jpg
鮭 2.jpg

参考のレシピ(ネット情報):https://cookpad.com/recipe/4194145
9月21日から23日までは三連休。誕生会はみんなの都合で、23日にすることになった。午前中はたまたま青梅市立美術館で「松平修文遺作展」が開催中で、私と孫二人で見に行くことにした。松平修文氏は、元青梅市立美術館長で画家、歌人でもあったが、2017年11月22日に逝去。出身が私と同郷の北見市で、お父様の仕事の関係で7歳まで過ごしていたという。
DSC04320.JPG
DSC04295.JPG
DSC04315.JPG
DSC04298.JPG
DSC04300.JPG
2013年夏沼(陥窂)
DSC04302.JPG
1979年「私の生まれたへや」
DSC04305.JPG
DSC04309.JPG
DSC04311.JPG

午後は、東京都交響楽団プレミアムコンサートあきる野公演に参加。待ち時間に隣接する図書館の1階の絵本コーナーで時間を過ごした。
あきる野図書館.jpg
DSC04321.JPG
DSC04322.JPG
DSC04323.JPG

 13時にチケットを受け取り、2時20分からのヴイオリン体験を私と孫のレオナで申し込んだ。楽器を手にして音を出してみる。私が「チェロもいいな~」というとたまたま欠席者がいてその時間にチェロも体験することができた。
ヴァイオリン体験 1.jpg
ヴァイオリン体験 2.jpg

 東京都交響楽団の演奏曲は、「オリンピックマーチ」「ボロディン作曲「中央アジアの草原にて」、ブラームス作曲「ハンガリー舞曲第5番」、「シューベルト作曲「交響曲第7番ロ短調D759《未完成》」指揮は、梅田俊明氏。
孫のれおなは1時間半じっとして居られなく、後半は居眠りをしていた。

夜はいよいよ誕生会。各自がれおなからいただいた「誕生会招待チケット」に刻みを入れて参加確認。母親と妹のひなたは誕生会の飾り付けをした。
DSC04324.JPG

 ケーキは妹のひなたが小麦、卵のアレルギー体質なので、アレルギー対応のケーキも同じ形の者を調達できた。
誕生ケーキ 1.jpg
誕生祝ケーキ 2.jpg
とまあ4月から来日して半年の間で、最大のイベントが過ぎた。

☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(58)  コメント(5) 
前の10件 | -