SSブログ

成田街道歩き 第4回 大和田から臼井まで 2024年5月21日 [旧街道を歩く]

成田街道歩き 第4回 大和田から臼井まで 2024年5月21日
DSC01034.JPG
江戸時代中期、無敵と言われた大関の雷電為右衛門の碑

2024年2月、「成田街道歩き」第1回目の亀有の新宿(にいじゅく)から歩きつないで第4回目になる。東京・青梅を7時半にJR青梅駅を出て、前回の到着地・京成線大和田駅に9時着。
DSC00983.JPG

今日もほぼ国道296号線沿いを歩く。前回歩いた国道のセブンイレブンの信号を右折。花見川の大和橋を渡る。川沿いは桜花見で有名とか。
DSC00986.JPG

左手に印旛沼の排水を管理する水資源機構大和田機場。「下市場」の先の白旗神社、
DSC00988.JPG
DSC00989.JPG

立派な長屋門を過ぎ、
DSC00992.JPG

右手の三角地に押し込められたような八坂神社。
DSC00993.JPG

成田まで24㎞。信号「井野」の手前の成田道道標と常夜燈。成田道道標は、右から七代目市川團十郎、中央は明治27年に信集講社の岩田長兵衛が、左手は江戸の豪商・児張庵夫妻が建てたもの。
DSC00996.JPG
DSC00997.JPG

10時05分、北へ150mほど入ると周りを住宅地で囲まれた湧水地で江戸時代、佐倉藩主加賀守忠朝が参勤交代の折に立ち寄ったという加賀清水公園。錦鯉や亀も棲む。奥に小さな厳島神社。
DSC00998.JPG
DSC01000.JPG
DSC01001.JPG
DSC01002.JPG
DSC01004.JPG
加賀清水公園に隣接して稲荷神社

1.5㎞も行くと北側に高層マンション群が見えるユーカリが丘駅。
DSC01006.JPG

京成本線沿いに聞くと約7,000年前の竪穴住居や炉穴が見つかった上座貝塚へ。一番原児童公園になっていて保育園児たちが遊んで、帰るところだった。
DSC01008.JPG
DSC01010.JPG
DSC01011.JPG

11時10分、西村屋まえの「成田山道標」
DSC01012.JPG

11時17分、吉野家で鉄板牛焼肉定食(743円)の昼食をとる。
DSC01015.JPG

ここから8分歩くと右側に相当広さの上座総合公園。歩道をあるいていてもひんやり風が来る。
DSC01016.JPG
DSC01017.JPG

すぐ右に「皇産霊神社」すぐ裏手に住宅のある奥行きが浅い。下り坂を行くと目の前に田圃が・・・。
DSC01018.JPG

代掻きが終わったようだ。左手に折れて宗徳寺、
DSC01024.JPG

さらにセブンイレブンを左手に行くと表示柱に雷電為衛門夫妻の墓と碑の案内がある。
DSC01028.JPG
DSC01031.JPG
DSC01030.JPG

ここから左手へ200mほど行った突き当りに山に囲まれた墓が。文政8年(1825)2月11日没、59歳。妻おはんは10年(1827)1月20日没、61歳。寛政10年(1798)7月8日幼娘没す。全国に4つある墓の内の一つ。戻って、すみれ保育園を目印に行くと妙宣寺の境内に身長2m近い等身像の雷電為衛門の碑。
DSC01034.JPG
DSC01036.JPG

臼井城址公園へ向かうが、入口に太田道灌の弟で、文明11年(1479)臼井城を落としたが、戦闘で討ち死にした太田図書の墓。
DSC01039.JPG
DSC01041.JPG

広い城址は一面緑で美しい。14世紀に築かれ、代々下総国の要衝として一帯を治めていた。当時は沼に囲まれた巨城だった。廃城は江戸時代初期。敷地内には城郭の名残がみられ、花見の名所として知られる。
DSC01045.JPG
DSC01049.JPG
DSC01051.JPG
DSC01053.JPG

印旛沼の眺望がみられるのは何処かなと思っていた矢先、杖を片手に何か案内風のお年寄りと聞いている女性が見えた。この方は何とこの城の所有していた方T氏で、今は市の管理になっている。20年前に植えた桜や6本の柿木のことなどを話された。すぐ土塁の下に自宅があるという。高台で印旛沼の眺望を満喫。女性は佐倉市の「ヘルプステーションここのわ」の福田亮子さんで移動支援中だった。乞われてT氏の自宅に案内されて奥様から熱中症予防にと麦茶をいただいた。庭は手入れされた草木で溢れていた。彼女は草月流の華道をされている方で、仲間と定期的に臼井駅構内に活けているという。今日は暑かったのでこれから駅へ生け花の手直しに行くので、車に乗せてあげるという。せっかくなので同乗させていただいた。
DSC01057.JPG
DSC01058.JPG

生け花の展示を鑑賞させていただいて雅な気持ちで第4回目の成田街道歩きの締めとなった。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(94)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

家康由来の「安部川もち」と安部川上流の梅ヶ島温泉梅薫楼のこと。 [温泉マニア]

家康由来の「安部川もち」と安部川上流の梅ヶ島温泉梅薫楼のこと。

5月18日の東京新聞の記事に静岡県の「安部川もち」の話題が紹介されていた。昔、安倍川の最上流では金の採掘が盛んにおこなわれていた。そしてあるとき検分に出向いた徳川家康が茶店を訪れ、のおもち搗き立ての餅にきなこをまぶしたものを献上したところ、余りのおいしさに餅の名前を尋ねられた。そこで男が「金山からこぼれた金の粉をすくいあげて、もちにまぶして作る「金粉餅(きんこもち)」と申します」と答えたところ、家康は彼の機転に感心して、改めてこのもちを「安倍川もち」と命名した。江戸時代に栄えていた「安部川もち」も戦時中は、物資不足で精算が途絶えた。戦後に復活させたのは、やまだいちの創業者故山田一郎氏が私の生年の1950年3月、静岡駅で1箱50円で販売され人気になり当時の昭和天皇も各地の視察の際、静岡駅で電車を止めて買い求めたという。1980年代旅行業界にいた私は添乗員として幾度もツアー客を率いて、登呂遺跡の「やまだいち登呂もちの家」で安倍川もちが二個入れたランチを1,500円前後で手配したことを思い出す。安部川を越して西へ行くと江戸風情のとろろ汁の丁子屋にも団体客の昼食で好んでいったことも。さっぱりしたとろろ汁で、私はもっと普段粘っこいのを食べ慣れているので、物足りない。
DSC00978.JPG
DSC00980.JPG
DSC00979.JPG
DSC00981.JPG
DSC00982.JPG

さて、安部川上流約45㎞、標高1,000mのところに知る人ぞ知る秘湯・梅ヶ島温泉がある。戦国時代、金山を巡って今川氏と武田氏が長く勢力争いがあり、武田支配後は「信玄公の隠し湯」として傷ついた兵士の湯治湯として栄えてきた。安部奥の秘境で、温泉街には旅館が8軒、温泉民宿が2軒ある。泉質は無色透明の単純硫黄泉で、硫黄臭が少しある。PH9.6のアルカリ性で肌に滑りがある。泉温は40度で冬季は加温していたと思う。1980年11月に初めて入浴した私の国内温泉巡浴130湯目の温泉だ。当時私は、世田谷、中野地区の老人会の団体旅行の添乗員で良く行っていた温泉地。静岡市からの県道29線を北上。道が狭く二時間ほどかかった。梅薫楼は温泉街の中で設備が良かったことと当主が「足相術」を宴会場でお客の健康状態を見てくれるという個性的な宿だったから。
梅薫楼主人の足相術.jpg

「足相術」とは、この地は秘境で医者がいなかったので、当主の父親が素足の足を触手で健康状態を診察していたのを子供のころから見ていて身に着けたという。これが又よく当たるという評判だった。胃腸など内臓の病気、整体上のゆがみからくる障害などをよく当てていた。緊急を要する診断には、町の医者にかかることを薦めていた。観光バスのドライバーが「試しに見てもらおう」と診察していただいたら「肝臓がひどく疲れている。至急病院に行った方がよい」と診断され、帰ってから病院に行ったら、即入院したという話を後で聞き私も驚いた。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(92)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

東京・檜原温泉センター 数馬の湯に入浴へ。 [温泉巡浴]

東京・檜原温泉センター 数馬の湯に入浴へ。
DSC00939.JPG

東京都シルバーパスだけを使って、檜原村の数馬の湯へ入浴にいった。「東京都シルバーパス」だけを使っていくことにした。JR青梅駅前から7時14分発の都バスで花小金井行に乗車、箱根ヶ崎三丁目で下車。歩いて5分のJR箱根ヶ崎駅へ。
DSC00974.JPG

駅前の立川バス福生行に乗り換える。JR福生駅から8時27分発の武蔵五日市駅へ。10時35分発の数馬方面行へ乗り換える。この便はたまたまグループ登山客で満席、立ったままで一時間近く。途中の人里(へんぼり)で5人、浅間尾根登山口で十数名が降りた。数馬温泉センター着は、10時06分。3回乗り継いで約3時間、まあ効率はいい方かな。実はこの温泉は、私の国内温泉巡りで1998年5月に初めて入浴した822湯目の温泉地。その20年後にも入浴したことがあり、今回で3回目になる。
今の湯舎は二十数年前からで、私の記憶はないが、その前は打ちっぱなしのコンクリの湯舎だったという。
DSC00937.JPG
DSC00934.JPG
DSC00935.JPG
DSC00936.JPG
DSC00938.JPG
DSC00939.JPG

東京都唯一の村で、天然のph9.0のアルカリ性単純泉、炭酸が含まれ、しばらくすると体に粟粒が付着してくる。源泉はここから300mほど西の地下から毎分138㍑湧出している。泉質は、試料1キログラム中、ナトリウム62.1、カリウム2.0、カルシウム2.3mg、メタケイ酸15.4、炭酸水素イオン152.5、炭酸イオン9.2mg。肌がすべすべになり、神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性の効果が期待できる。平日はいつも空いていて、今日も同時間帯の男性客は4人だった。入浴料は大人980円。浴室には圧注浴風呂&ジャグジー風呂。サウナに水風呂、露天に陶器風呂、打たせ湯がある。湯は温く長く入りたくなるような。湯船によって温度を変えている。外湯の打たせ湯も温かった。
DSC00940.JPG
DSC00947.JPG
DSC00975.JPG
DSC00976.JPG
DSC00977.JPG
パンフレットから

午前11時から、食堂が営業開始。メニューに地元食材にリスペクトしている意思を感じられたので、もつ煮定食(1000円)をいただいた。鉄鍋にボリュウムあるもつ煮、しっかりした硬めの豆腐、豆腐味噌汁。胡瓜の漬物。ご飯は自宅でいつも美味しいご飯を食べているのでいまいちに感じる。
DSC00949.JPG
DSC00950.JPG
DSC00952.JPG

数馬の湯からさらに西へ行くと兜造りの豪壮な蛇の湯温泉たから荘があり、1982年1月に233カ所目の温泉として入浴済だ。帰りのバス時間は、11時52分で、少し手前のバス停「下平」まで歩いて見た。途中、龍神の滝の看板。
DSC00954.JPG
DSC00955.JPG
DSC00958.JPG
DSC00960.JPG
DSC00962.JPG
DSC00963.JPG
DSC00964.JPG

階段を降りるとすぐに見え、木橋を渡って目の前に見ると迫力満点。谷へ下りる道の真ん中から、筍が生えている場面もあり、いかにも子の地らしいと感激。「下平」バス停に「紫陽花のシャッターポイント」と看板があり、紫陽花の花はまだだが、この辺りは名所なのかもしれない。
DSC00965.JPG
DSC00968.JPG
DSC00969.JPG
DSC00972.JPG

定時にバスが来て、帰路は最後尾の座席にどっかと腰掛けて、両サイドの新緑の谷、深山をのんびり鑑賞することができた。なにせ、行きのバス内は、グループの男性リーダーの大声でのおしゃべりでうんざりしていて、窓外の鑑賞にひたるどころではなかったのだ。とまあ、帰りもシルバーパスだけを利用して片道3時間、往復6時間バス乗車の温泉入浴の旅となった。

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(98)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

散歩がてら「ジョイフル本田瑞穂」へ、サッシの「片上げ下げ窓」の取り換え相談に。 [東京・青梅周辺]

散歩がてら「ジョイフルホンダみずほ店」へ、サッシの「片上げ下げ窓」の取り換え相談に。
DSC00927.JPG
自宅の不調な「片上げ下げ窓」

自宅は築35年たち、あちこちに老化による傷みがでてきた。サッシの窓で「片上げ下げ窓」が途中までしか上がらなかったり、ついには上にも下にも動かなくなった。内臓のバネが伸びきったのか折れたのか?いつまでもほっとけないので、調べることにした。ネットで見るとサッシの枠ごと購入して、自分で取り換えることが可能とのコメントも中にはあった。
 さて、5月8日の雨が翌日にようやく止んだ。昨日までの歩数が目標の一日一万歩に足りていなかったので、遠くへ行こうと「ジョイフル本田瑞穂」へ。自宅の青梅市長渕・多摩川に架かる調布橋からの距離は、約10・5㎞。
DSC00845.JPG
自宅のすぐそばの上長渕保育園前
DSC00913.JPG
多摩川に架かる調布橋

ここからずっと歩くには遠すぎる。調布橋を渡って、青梅祭りの祭礼・住吉神社そばのバス停から花小金井行の都バスに乗車。
DSC00914.JPG
青梅祭り祭礼の住吉神社
DSC00915.JPG

ジョイフル本田みずほに近いバス停・殿ヶ谷で下車。
DSC00916.JPG
DSC00917.JPG
殿ヶ谷地蔵尊

残堀川に架かる表橋を過ぎて12分。
DSC00918.JPG

ここからわずか800mほど先にt天然温泉プール併設の入浴施設で知られる武蔵村山の天然温泉「かたくりの湯」が営業していたが、令和5年4月から一時閉館している。その後、武蔵村山市立温泉施設在り方検討委員会の提言を踏まえた上で、施設を存続することになっている。令和7年度中の再開に向けて、今後、施設や設備の改修等をしている。

 ジョイフル本田に着き、まずは一階フロアの窓枠の文字を捜して見る。あった!が「片上げ下げ窓」ではなく、すべて横スライドの窓になる。
DSC00919.JPG
DSC00921.JPG
DSC00920.JPG

担当者に「これ以外に現物かカタログがないか」と声を掛けてみる。探してもらったが無く、二階の住宅リフォームへ行くことを薦められた。
 結局、自宅の「片上げ下げ窓」のメーカーとサイズ、写真を送ってくれれば、検討して可能であれば、現場を見て見積もりを無料で作ることができるという。自宅へ戻りメーカーの名前を探すと「トーヨーサッシ セファー上げ下げ窓 4030」と書いてあった。このことをメールでお知らせして検討していただくことにした。
 帰りのルートは、ジョイフル本田の無料送迎バスを利用して10分ほどでJR箱根ヶ崎駅へ。
DSC00922.JPG
DSC00923.JPG
DSC00924.JPG
瑞穂の工業団地にまだ茶畑がところどころ残っている

ここから青梅駅方面のバスは約一時間待ち。じっと待っているのも辛いので、都バスの通る新青梅街道を青梅方面へ歩くことに。結局、北に西東京レーン、南に餃子の王将のあるバス停「中原」まで歩いた。都バスにはここから乗車し、住吉神社で下車。青梅七福神のひとつ宗建寺の前、調布橋を渡って自宅へ。約15,000歩歩いた。
DSC00925.JPG
宗建寺
DSC00926.JPG
DSC00927.JPG
DSC00928.JPG
DSC00930.JPG
DSC00931.JPG

☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(98)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

2024年5月2日、東京・青梅のつつじの名所塩船観音と青梅まつり(一日目)立ち寄り! [東京・青梅周辺]

2024年5月2日、東京・青梅のつつじの名所塩船観音と青梅まつり(一日目)立ち寄り!
DSC00891.JPG

 青梅の自宅・長渕から歩いて、塩船観音へつつじを見に行った。5月2日~3日は、青梅まつりで旧青梅市街地の旧青梅街道は歩行者や祭りに開放して車は通行止め。午前中は、露店達も準備で大わらわ。
 さて、自宅を9時40分に出て、多摩川に架かる調布橋を渡る。
DSC00845.JPG
DSC00846.JPG
多摩川に架かる調布橋

旧青梅街道には入ると祭りの準備中に出会う。
DSC00847.JPG
DSC00848.JPG
DSC00849.JPG

JR東青梅駅の前を向けて青梅六万薬師から吹上へ。
DSC00850.JPG
DSC00853.JPG

吹上しょうぶ公園の前を通り過ぎると「塩船観音」の道案内の看板。

道なりに沿って、竹林の峠を越すと塩船観音の鐘楼の鐘の音が続く。
DSC00855.JPG

訪れた観光客が一回100円で鐘を撞くことができるので列をなしている。
 周辺の駐車場の出入りも露店の人たちの応対も忙しそうだ。丁度一時間で着くことができた。受付で大人300円の入山料を支払って、阿弥陀堂、本堂を抜けてすり鉢状のつつじ山へ。
DSC00911.JPG
「塩船観音まつり」の案内チラシ

DSC00857.JPG
DSC00858.JPG
DSC00859.JPG
DSC00861.JPG
DSC00863.JPG
DSC00869.JPG
本堂
DSC00870.JPG
DSC00872.JPG
DSC00874.JPG
DSC00876.JPG
DSC00883.JPG
DSC00889.JPG
DSC00890.JPG

1週間から10日来るのが遅かったようで、紫の一色のつつじ園になっている。奥には塩船平和観音像が立つ。
DSC00887.JPG
DSC00882.JPG
DSC00895.JPG
DSC00892.JPG
DSC00896.JPG

外国人の入山者も多いようだ。売店のお土産を購入する人たちで混雑している。私も450円の「わさびチーズ」を購入した。境内の中央では、明日のつつじ祭りのイベントである火渡りの準備をしている。
 帰りは途中、青梅市役所に立ち寄った。二階フロアに喫茶フロアと全国紙とスポーツ新聞を置いているフロアがあるのだ。
DSC00900.JPG
DSC00903.JPG

15時20分頃、市役所前に祭り囃子の音がする。祭りの初日は、旧青梅の12地区のそれぞれの地区で山車曳きが行われているのだった。
DSC00906.JPG
DSC00907.JPG
DSC00909.JPG
JR東青梅駅を抜けてJR青梅駅までの旧青梅街道での祭りの様子を見て回って、帰宅した。
参考:2009年4月30日 東京・青梅つつじの名所・塩船観音と薬王院へ行く!
https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2009-04-30


☆エッセイ温泉夜話:http://aspa.starfree.jp/yawa/index.htm
☆鎌倉街道を歩く https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
☆「多拠点生活」ADDressを試してみる! https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-24
☆過去に旅した印象深い景を描こう!シルクロード、スペイン巡礼を。
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-10-03
☆エッセイ温泉夜話 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/archive/c35629-1
☆スペイン「聖地サンティゴ巡礼」の旅 2012年12月~2013年7月15日の記録
 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-ne.t.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆マツノヒデマサの旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く・全行程の記録 https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2017-07-20
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(95)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行