SSブログ

桜の名所、青梅・釜の渕公園と阿伎留台公園に行く! 2021年3月30日 [東京・青梅周辺]

桜の名所、青梅・釜の渕公園と阿伎留台公園に行く! 2021年3月30日
DSC03060.JPG
青梅市釜の淵公園
DSC03097.JPG
都立秋留台公園

西多摩の桜の名所の一つで、青梅市釜の淵公園とあきる野市にある都立秋留台公園の花見に行ってみた。この一週間で一気に咲いて、もう散り始めている。

DSC03047.JPG
DSC03049.JPG
DSC03050.JPG
DSC03051.JPG
DSC03052.JPG
DSC03054.JPG
DSC03057.JPG
DSC03059.JPG
DSC03061.JPG
DSC03062.JPG
DSC03066.JPG
DSC03071.JPG
DSC03072.JPG
DSC03073.JPG
DSC03077.JPG

 釜の淵公園の鮎美橋を中心とした水彩画を描いていて、書き始めた3月初旬は、桜の花どころか木の芽が赤みを帯びていた。まだ水彩画は完成していないので、桜の満開状態でモデルがすっかり変わってしまった。
DSC03047.JPG
DSC02929.JPG

秋留台公園には、障がい者の移動支援ヘルパーとしてよく行く場所。外周は950mくらいで季節によって菜の花、薔薇、桜、つつじ、紫陽花などの花々、夏には噴水で遊ぶ子供たちの姿を見ることもある。もともと競技場なので、貸切で使われているときには、陸上の練習風景と出会うこともある。
DSC03038.JPG
DSC03091.JPG
DSC03041.JPG
DSC03036.JPG
DSC03030.JPG
DSC03028.JPG
DSC03027.JPG
DSC03045.JPG
DSC03078.JPG
DSC03080.JPG
DSC03085.JPG
DSC03083.JPG
DSC03098.JPG
DSC03085.JPG

競技場の周りには芝生の広場もあり、お弁当を持った家族連れの利用者も多く散策しながらもとても癒される場所の一つである。

☆水戸街道を歩く③松戸宿~小金宿~柏へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-01-10
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(124)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

水戸街道を歩く⑥牛久宿から土浦宿へ。 2021年3月24日 [旧街道を歩く]

水戸街道を歩く⑥牛久宿から土浦宿へ。 2021年3月24日
DSC02995.JPG
DSC02994.JPG
土浦の亀城公園

 前回は足がきつくて、旧道を離れて駅への近道を歩いて牛久駅に行ってしまった。今回はその付けがきた。JR牛久駅西口を7時55分に出る。
DSC02930.JPG

「牛久駅西出口」信号を南へ戻ることに。この通りが旧水戸街道らしい。じきに読売新聞専売所のY字路を右折する。15分で右手に元禄元年(1592年)創建の正源寺に。山門(三門)は正徳2年(1712年)に鋳造の梵鐘を二階に設置した。本堂前には樹齢400年の高さ17m、幹回り3.3mのトチの木が立つ。
DSC02932.JPG
DSC02936.JPG

さらに10分南下すると立派な門構え飯島家前に「明治天皇牛久行幸所」碑。裏手に回てみると相当広い敷地に驚かされる。
DSC02938.JPG

Y字路まで戻るまで50分を要した。「柏田町」を過ぎて、銭洗弁天に出る。古仏が沢山安置されている。
DSC02940.JPG
DSC02942.JPG
銭洗弁天

バス停は「一本松」でかつての旧街道の風情を残す。圏央道、小野川を越す。9時30分、「中根町」周辺には細谷姓の大きな門構えの家が目立つ。牛久跨道橋の先、「ひたち野北大通理入り口」手前のヨークベニマルでトイレを借りる。
10時、牛久と土浦市の境に一里塚が残されている。左手に土浦の「荒川沖一里塚」、右手には牛久の「中根一里塚」だ。
DSC02944.JPG
DSC02946.JPG
DSC02949.JPG

「荒川沖南区」信号を右折すると小さな八幡神社。
DSC02954.JPG

 すぐに荒川沖駅の表示があり、左手に交番と天満神社。荒川沖郵便局の隣は、かつて旅籠屋だった茅葺屋根の佐野家だ。先には旧鶴町醸造元宇野家で隣接して歯科医院を経営。本陣がなかったので、遊郭があり遊女たちの狭い部屋が沢山あり、亡くなった遊女たちの墓は、天満宮の裏手にあったという。
DSC02956.JPG
DSC02960.JPG

 11時、国道6号線に合流後、ジョイフルホンダでランチに「海鮮ちらし丼」。敷地内のベンチで食べた。
DSC02964.JPG
DSC02963.JPG

 その後6号線を何度も交差し125号線と交差する「東小下」の先の土浦大師大聖寺へ。入り口の両側は田圃で、桜が見ごろだった。本尊は大聖不動明王。貞享二年(1685)土浦城主・松平信興の寄進の山門、創建は応安二年(1369)の四脚門があり境内はとても広い。
DSC02970.JPG
DSC02974.JPG

 12時37分、「中高津」を過ぎ、左へ大きくカーブした医療センター辺りに「下高津の道標」がある。対面に旧土浦城下を臨む高津台に愛宕神社。寛文9年(1669年)城主になった土屋数直が城の鬼門を守護するために奉納し社殿などを改築。
DSC02976.JPG
DSC02977.JPG

 いよいよ桜川に架かる銭亀橋を渡る。川の土手には桜並木があり長閑な風情を見せる。
DSC02979.JPG
DSC02981.JPG
DSC02984.JPG

 土浦境線をくぐり、「大町」へ。すぐ右手に慶長12年(1607年)に創建された東光寺と元文4年(1739年)創建の瑠璃光殿も。ここからは城内でクランク状に道を歩き、市立幼稚園前に「大手門の跡」碑。小学校に沿ってたまき通りを行く。
DSC02987.JPG
DSC02988.JPG
DSC02989.JPG

 狭い右手に入ると城内・本丸だ。本丸館はなく、土塁、内堀、外堀の一部で明暦2年(1656年)五代城主朽木植綱によって建てられた櫓門、松平信輿によって1684年に建てられた霞門(本丸裏門)など。風が強く、内堀にも波が立ち、緑の柳が枝を垂れて大きく揺れる。
DSC02991.JPG
DSC02993.JPG
DSC02994.JPG
DSC02995.JPG
DSC02998.JPG
DSC02999.JPG
DSC03001.JPG
DSC03003.JPG

駅へ向かう途中、亀城通りの本町通りとの交差地点・桜橋の跡と道路元標から、脇に入りる。土浦まちかど蔵・大徳と野村、矢口商店を見学する。二階建ての大徳店蔵の造りがすごい。ザクロやエンジュの床柱や屋久杉の一枚板の屋根板。長い廊下の松の継ぎ目のない一枚板。透かし彫りの欄間など匠の技と建材と贅を尽くしたもの。
DSC03005.JPG
DSC03008.JPG
DSC03010.JPG
DSC03012.JPG
DSC03014.JPG
DSC03015.JPG
DSC03021.JPG
DSC03023.JPG
DSC03026.JPG

今回は約25㎞歩き、相当足がきつく、2~3日後の足腰の痛みが恐ろしい。

☆水戸街道を歩く③松戸宿~小金宿~柏へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-01-10
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(121)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

東京・村山温泉 かたくりの湯のプールと入浴へ! [東京・青梅周辺]

東京・村山温泉 かたくりの湯のプールと入浴へ!
DSC02910.JPG
かたくりの湯の入り口

 私は障がい者移動支援のヘルパーで、温泉入浴へゆくチャンスも多い。施設や個人のお宅に迎えに行き、同道して入浴施設に行き、本人の希望に応じてヘルプするのです。
障がい者を支えるボランテイア団体がグループによるプールでの泳ぎや水中遊びをする支援や運動場で軽運動の支援がわりに多かったのですが、コロナ禍でほとんど休止に追い込まれました。
プールに個人で水中歩行や泳ぎの練習でヘルプをするのは、あきる野市草花市営プール、五日市町ファインプラザ、羽村市スイミングセンターなど。一時は予約のみの利用でした。


「村山温泉 かたくりの湯」は、狭山湖・多摩湖至近距離にあり、野山北・六道山公園に隣接している。HPhttps://www.katakuri-y.com/spring.html
2002年(平成14年)4月のオープンした地下1500mから湧出した温泉。温泉ゾーンとプールゾーンに分かれ、同じ料金でプールを利用した後に入浴施設を利用することもできます。プールも併設なので、プールで水中歩行や泳ぎをした後に、入浴をしランチを食べて帰るという効率の良いコースになる。営業時間は、10時から20 時、休館日は毎月第3木曜日。料金は平日は市外の方は大人1人800円、週末と祝日は900円。プール利用には水着、水泳帽子、ゴーグルを持参してください。
DSC02914.JPG
パンフレット
DSC02916.JPG
露天風呂(パンフレットから)
DSC02905.JPG
ロビー&売店
DSC02907.JPG
村山かてうどん
DSC02908.JPG
ホマレえび
DSC02909.JPG
朝採りごぼう

 プールエリアでも、運動浴プールや気泡プール、子供用プールなど種類が多く、家族やカップルでも楽しめます。温めの炭酸泉風呂が人気です。露天風呂、打たせ湯もあります。
[ 泉質 ] メタほう酸 [ 源泉温度 ] 22℃で塩素循環式、加温、加水している。
[ 効能 ] 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

 かたくりの湯源泉を食う入できる「温泉スタンド」もあります。100㍑100円で道帰ることができます。10時から18時まで。
売店で売れ行き好調の品を聞いてみました。こしの強い「村山かてうどん」、ホマレえび」、「朝採り里ごぼう」がおすすめとのこと。


☆水戸街道を歩く③松戸宿~小金宿~柏へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-01-10
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(149)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

第125回 水戸梅まつりに行く! 水戸街道を歩く・番外編

第125回 水戸梅まつりに行く! 水戸街道を歩く・番外編
DSC02898.JPG
偕楽園の桜
DSC02889.JPG
好文亭

昨年末から、旧水戸街道を歩き繋いで、日本橋から始まり、五回目で牛久宿まで到着した。2月13日~3月21日まで水戸梅まつりが開催され、例年より暖かいのでもう満開の様子。で、水戸までの到着を待てずに、いち早く梅見に行ったというわけだ。いつも通り、東京・青梅を6時10分のバスに乗り、JR青梅から神田、上野から常磐線で水戸駅へ。「青春きっぷ」の期間中なので、前回より使用していて、二回目の利用になる。
DSC02838.JPG
DSC02839.JPG
DSC02841.JPG

 JR水戸駅に着くと、「水戸漫遊 一日フリーきっぷ」(100円乗り放題)の存、在を知り、さっそく利用して、「好文亭表門入り口」で下車。
DSC02844.JPG
DSC02846.JPG
DSC02848.JPG
DSC02890.JPG

 入園料は通常大人300円だが、70歳以上は150円。天気は快晴で観光客は途切れない。入ると竹林の中に、白い円形の物体が・・・。「ああ~三密をさける工夫だな」と思っていたら「放送局の主催で、夜のイベントなんですよ」
 好文亭の料金は通常200円、70歳以上は100円。靴を脱いで一階、二階に上がって見学と眺望を楽しんだ。金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ「日本三名園」の一つで、水戸藩九代藩主徳川斉昭が開いた偕楽園。その一角にある詩歌の会や茶会の場として自ら設計。梅の別名・好文木から名付けられた。2階3層のこけら葺き。総板張りの広間・塗縁の襖絵の数々。級階段を登り、3階の楽寿楼からの眺めは素晴らしい。
DSC02849.JPG
DSC02851.JPG
DSC02853.JPG
DSC02854.JPG
DSC02856.JPG
DSC02858.JPG
DSC02859.JPG
DSC02860.JPG
DSC02863.JPG
DSC02865.JPG
DSC02867.JPG
DSC02870.JPG

駅で購入した「常陸街道味めぐり」駅弁を、千波湖が見える老松の側のベンチで食べた。 牛タン、常陸牛など常陸の名産が詰め込まれた贅沢な駅弁で、1500円と張り込んだ。庭園内にもお弁当を売っていた。約100品種、3000株の梅の木があるといわれる。
DSC02875.JPG
DSC02876.JPG
DSC02873.JPG
DSC02880.JPG
DSC02885.JPG
DSC02886.JPG
DSC02892.JPG
DSC02893.JPG
DSC02895.JPG
DSC02897.JPG
DSC02900.JPG
DSC02903.JPG

 電車バスを乗り継いできたのが初めてで、JR水戸駅へ戻ろうとして来た順の逆コースで戻ろうとしたが、好文亭表門入り口の先の広い道へ行こうとしたが、道に迷ってしまう。結局、千波湖の西の偕楽橋にでた。再度園内に入り、東門から出て常盤神社側のバス停から駅へ行くことができた。常盤神社の千波湖側に大型バス駐車場があり、そこには観光バスで何度も来たことがあったのを思い出した。観梅の後に偕楽園レストハウスで団体食をとったものだ。

☆水戸街道を歩く③松戸宿~小金宿~柏へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-01-10
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(143)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

水戸街道を歩く⑤取手宿から牛久宿へ。 2021年3月4日 [旧街道を歩く]

水戸街道を歩く⑤取手宿から牛久宿へ。 2021年3月4日
DSC02819.JPG
牛久城主だった新田家の菩提寺・金竜寺

旧水戸街道歩きも第五回目。前回の到着地のJP取手駅東口に8時55分到着。本陣通りをしばらく利根川土手に沿って歩く。
DSC02766.JPG
DSC02767.JPG

八坂神社はすぐ。寛永3年(1626年)創建、明治39年(1906年)建築で、境内のご神木の大銀杏は樹齢300年以上。
DSC02768.JPG
DSC02771.JPG

10時10分、常磐線陸前浜街道踏切を渡り、国道6号線「谷中」を突っ切り細道を行き「カワチ」から藤代バイパスに。本陣だったという相馬公民館を目指すが、地元の方に聞くと「ここは35年前にできたもの。前の場所なのでは?」早くもルートの軌道修正。
10時50分、笹材木店に出て、左折してクランク状に行くと相馬神社と隣接して高さ1.6mの薬師如来座像鎮座の高蔵寺。古木梅と臥竜松が見事。
DSC02775.JPG
DSC02776.JPG
DSC02778.JPG

呉服屋と衣料品店が目立つがなぜか?本陣があったという中央公民館で旧水戸街道の資料を求めて、旧本陣の跡図をコピーしていただいた。かつて名主の飯田三左衛門の経営する木造茅葺の東破風造りの本陣があったが、昭和30年2月に町役場庁舎建設のため取り壊された。敷地内に記念碑や昔からの痕跡として百日紅と老松が残されていること。「たんぽぽに照る日曇る日陣屋跡」両城の句碑があったが、若い職員たちはこのことも知らなかった。関心がないとこんなものか?
DSC02780.JPG
DSC02783.JPG
DSC02782.JPG
DSC02781.JPG
DSC02784.JPG
DSC02786.JPG

常陽銀行のはす向かいに愛宕神社。料理屋「うおもと」で刺身定食のランチをとった。
DSC02787.JPG
DSC02790.JPG
DSC02789.JPG
刺身定食980円

208号線をしばらく行くと6号線に合流し、小見川の文巻橋を渡り、竜ケ崎市へ。最初の角を右折して、常磐線竜ケ崎踏切を越え、道なりに行く。
DSC02792.JPG
DSC02794.JPG
DSC02797.JPG

12時33分、5号線を右折、3差路の「馴柴小入口」を左折するが、右角に道標がある。赤い柵に囲まれて読みにくいが、二つの旧水戸街道の合流点。文政9年(1826年)12月建立。
DSC02798.JPG
DSC02800.JPG
DSC02802.JPG
DSC02803.JPG

 関東鉄道を横断し、馴柴小を過ぎ271号線を渡と、やがて八坂神社へ。萬延元年(1860年)の刻印の石仏等が並ぶ。
DSC02804.JPG
DSC02809.JPG
DSC02810.JPG

 左手に道なりに行くと豪邸が続き、左手に「70m行くと薬師如来あり」の表示板。行ってみると、ひっそりと竹林に囲まれて祠に薬師如来と子安大明神。
DSC02813.JPG
DSC02817.JPG
DSC02816.JPG

 さらにカーブした正面に金竜寺が見えてくる。応永24年(1417年)新田家の菩提寺で、上州太田に建立されたが、子孫由良国繁が牛久城主となった折に牛久に移転、寛文6年(1666年)この地に堂宇が建立された。境内は熊笹と竹林に囲まれ、かつては牛久沼が見えたというが今は見えなかった。
DSC02819.JPG
DSC02820.JPG
DSC02824.JPG
DSC02826.JPG

 さらに星宮神社を過ぎ、243号線を横断、畑の一角に「成井一里塚碑」がある。
DSC02828.JPG
DSC02831.JPG

 突き当りの向台小を過ぎ、銅像山踏切を渡って国道6号線に出る。旧道は国道からそれて遠回りの道へ行くようだが、もう疲労困憊でJR牛久駅へ急ぐ。もう20㎞を歩き3万歩を越えていた。15時にJR牛久駅に到着した。
DSC02833.JPG

水戸の偕楽園の梅林が見ごろだという。何とか満開の内に間に合わせたいと思うが、とても間に合わない。次回は水戸偕楽園の梅見と牛久宿の散策になるかも知れない。今回からまた「青春きっぷ」を購入し、第一回目の使用だった。

☆水戸街道を歩く③松戸宿~小金宿~柏へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2021-01-10
☆シルクロード・敦煌の莫高窟、鳴沙山、月牙泉へ。https://hide-tabi.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
☆信州・白馬温泉に長期滞在し、ハイキング三昧へ! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-06-14
☆ミャンマー最大の名所・仏教建築群バガンに来た! https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://aspa.starfree.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://aspa.starfree.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://aspa.starfree.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(116)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行